高橋三千綱ホームページ

高橋 三千綱




■1948年1月5日、大阪府生まれ。作家、高野三郎(筆名)の長男として生まれる。母、姉の四人家族。
■三歳の時、父親が老舗の米問屋を捨て、文学を志し、一家を伴い東京に移住する。
■八歳のとき、父親が保証人となった友人の会社が不渡りを出し、莫大な借金を背負い大阪の家屋敷、別荘、東京の住まい等、処分し赤貧にまみれる。それまでの暮らしは一変し、家賃を払いきれず、半年から1年程で転居をよぎなくされる。父親も体調を崩し、母親が生命保険の外交員として勤めに出、一家の生計を立てる。
■小学校時代、日活映画、テレビ等、子役として出演。のちにNHK児童劇団に入り、およそ150本程のラジオドラマに声優として出演する。
■小学6年の時、伊豆大島へ初めて一人旅をする。中学時代は剣道に打ち込むかたわら、数々のアルバイトをし京都や奈良、北陸などを旅する。高校1年の夏、北海道、東北を40日間、野宿しながら無銭旅行をする。2年の春、四国を自転車で一周。
■高校卒業後、サンフランシスコ州立大学英語学科創作コースへ入学。
 滞米3年のとき、父親重病のため、日本に帰国。
■帰国後は、アメリカでの滞在記を五百余枚書き上げ『シスコで語ろう』を自費出版する。
■1971年、早稲田大学英文科へ入学。
■1973年、早稲田大学を辞めた後東京スポーツ新聞社に新聞記者として入社。
■1974年、新聞記事を書くかたわら『退屈しのぎ』を書き上げ、第17回群像新人文学賞に応募、当選。この年の暮れに結婚。
■1975年、東スポを退社し文筆生活に入る。
■1978年、『九月の空』で第79回芥川賞受賞。
■1982年、十二指腸潰瘍が悪化し手術のため入院。退院後に体力回復のためゴルフを始める。
■1983年、『真夜中のボクサー』映画製作。
■1986年〜、「公明新聞」に証券会社を支店長を主人公にした経済小説『挑戦の世代』を連載。(後に講談社より刊行)
■1988年〜「東京新聞」「神戸新聞」「西日本新聞」他にアメリカでの留学時代を背景にした青春小説『坂道を超えた国』を連載。(後に文藝春秋より刊行)
■1989年〜「岩手日報」「大阪新聞」「琉球新聞」他にオカルト小説『泥棒令嬢とペテン紳士』を連載。(後に角川書店より『霊能者』と改題して刊行)
■1991年〜「女性自身」に恋愛小説『雪のドレス』を連載。(後に光文社より刊行)
■1993年〜初の時代物『平成のさぶらい』を講談社より刊行。
■1994年〜「サンケイスポーツ」に官能小説『九番目の女』を連載。(後に扶桑社より刊行)
        「週刊新潮」に『風変わりな淑女たち』を連載。(後に集英社より刊行)
        時代物『剣聖一心斎』を文藝春秋より刊行。
■1999年〜3月末より京都新聞他9紙に『恋わずらい』を連載、朝日新聞社より単行本発行。
■2004年〜8月、『空の剣ー男谷精一郎の孤独』集英社より刊行。
■2005年〜『今日から目覚める文章術』KKロングセラーズより刊行。『霊感淑女』集英社より刊行。
■2006年〜『明日のブルドッグ』草思社より刊行。
        「週刊大衆」にて時代小説『お江戸の用心棒』連載。(2007年、双葉文庫より上下巻刊行)
■2007年〜『空の剣ー男谷精一郎の孤独』集英社文庫より刊行。
       「月刊テーミス」にて『楽天家の人生発見』連載エッセイスタート。
■2008年〜『我が人生にゴルフありー本日、ベスト8になる』学研より刊行。
       『あの人が来る夜』光文社文庫より刊行。
       「東京スポーツ」にて『本日も楽天日和』エッセイ連載スタート。
■2009年〜「べんちのーと」にて『医療のことわざ』エッセイ連載スタート。
       「クラスエル」にて『父として、男として』小説連載。(1年間)
       「アルバ」にて『光る風』漫画(原作)連載スタート。
■2010年〜『素浪人心得』講談社より刊行。
       「経営情報」にて『龍馬をめぐる人々』連載スタート。(1年間)
       「百楽」にて『風流恋愛塾』連載エッセイスタート。
■2011年〜『こんな女と暮らしてみたい 最終版』KKロングセラーズより刊行。
■2013年〜『猫はときどき旅に出る』集英社より刊行。
        『大江戸剣聖一心斎 黄金の鯉』を双葉文庫より刊行。
        『大江戸剣聖一心斎 秘術、埋蔵金嗚咽』を双葉文庫より刊行。
■2014年〜『大江戸剣聖一心斎 魂を風に泳がせ』を双葉文庫より刊行。
         『明日のブルドッグ』を自費出版。アジア文化社より刊行。
■2015年〜「すばる」7月号に、『さすらいの皇帝ペンギン』を掲載。
       12月、『お江戸の姫君-右京之助太刀始末』を双葉文庫より刊行。
■2016年〜1月『ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病』を幻冬舎より刊行。
        4月『投資家の父より息子へ13の遺言』を電波社より刊行。

現在は「月刊テーミス」にて『楽天家の人生発見』、「東京スポーツ」にて『本日も楽天日和』(毎週木曜発売分掲載)、「べんちのーと」にて『医療のことわざ』を連載中。