高橋三千綱ホームページ



著作全リスト


■単行本
タイトル 出版社 発行年月 備考
「シスコで語ろう」 栄光出版 1971年11月 自費出版
「退屈しのぎ」 講談社 1975年7月 群像新人賞受賞作
「彼の初恋」 講談社 1977年2月 小説
「グッドラック」 角川書店 1977年10月 小説
「怒れど犬」 講談社 1978年2月 小説
「九月の空」 河出書房新社 1978年8月 芥川賞受賞作
「さすらいの甲子園」 角川書店 1978年8月 小説
「葡萄畑」 講談社 1978年9月 小説
「天使を誘惑」 新潮社 1979年6月 小説
「1941」 三笠書房 1980年2月 翻訳出版
「よろしく愛して」 集英社 1980年8月 小説
「こんな人生もいいものだ」  河出書房新社 1980年8月 人物ルポタージュ集 
「ときにはセンチメンタル」 主婦と生活社 1980年11月  女性との対談集
「我らが仲間」 集英社 1981年3月 小説
「いつの日か驢馬に乗って」 講談社 1981年9月 小説
「ハローマイラブ」 中央公論社 1981年11月 小説
「真夜中のボクサー」 角川書店 1982年7月 小説
「BY THE WAY」 新潮社 1982年9月 エッセイ
「こんな女と暮らしてみたい」 青春出版社 1982年10月 エッセイ
「女のいない国」 新潮社 1983年7月 エッセイ
「ブル」 講談社 1984年12月 小説
「こんな女でいてほしい」 青春出版社 1985年2月 エッセイ
「カムバック」 新潮社 1985年6月 小説
「朝はひとりが一番いい」 講談社 1985年11月 小説
「まち子の夜景」 講談社 1986年11月 小説
「あの時好きだと言えなかったオレ」  太田出版 1987年5月 エッセイ
「新・こんな女と暮らしてみたい」 角川書店 1987年6月 エッセイ
「略奪の初夏」 新潮社 1987年6月 小説
「ひとりだけでは愛したりない」 扶桑社 1987年8月 小説
「高橋三千綱発・東京通信」 集英社 1987年11月 短編小説
「なりちゃんのブル太さん」 サンリオ出版 1988年7月 童話絵本
「挑戦の世代」 講談社 1989年1月 小説
「坂道を越えた国」 文藝春秋 1989年11月 小説
「風の誘い」 光文社 1990年5月 ゴルフ小説
「オンザティ」 講談社 1991年4月 ゴルフ短編小説
「不良と呼ばれた夏」 祥伝社 1991年12月 小説
「霊能者」 角川書店 1992年5月 小説
「少年期」 集英社 1992年10月 「九月の空」その後 
「雪のドレス」 光文社 1992年11月 小説
「卒業」 集英社 1993年4月 小説
「平成のさぶらい」 講談社 1993年6月 時代小説
「われ本日ゴルフに開眼す」 マガジンハウス 1993年8月 ゴルフエッセイ
「心の光景」 角川書店 1994年2月 短編小説集
「剣聖一心斎」 文藝春秋 1994年6月 時代小説
「9番目の女」 扶桑社 1995年3月 官能小説
「風変りな淑女たち」 集英社 1995年5月 小説
「人生のグリーンに風が吹く」 日本文芸社 1996年5月 旅、競馬、ゴルフのエッセイ 
「江戸の若様ー平成のさぶらい2」 講談社 1996年6月 時代小説
「こんな女と暮らしてみたい PART3」  角川書店 1997年5月 エッセイ
「あの一打」 日本ヴォーグ&スポーツマガジン社  1997年7月 ゴルフノンフィクション
「彼女の感じ方」 マガジンハウス 1997年8月 エッセイ
「プロポーズ」 マガジンハウス 2000年6月
「フェアウェイに見る夢」 文藝春秋 2000年8月 ゴルフ短編小説
「恋わずらい」 朝日出版社 2000年12月 小説
「純愛の行方」〜『九月の空』収録 リブリオ出版 2001年12月 恋愛小説名作選・ラブミーワールド第3巻 
「倶楽部チャンピオン物語」 学習研究社 2002年10月
「あの人が来る夜」 光文社 2003年2月 小説
「空の剣ー男谷精一郎の孤独」 集英社 2004年8月 時代小説
「明日のブルドッグ」 草思社 2006年6月 小説
「素浪人心得ー自由で愉快な孤高の男の生き方」  講談社 2010年1月 エッセイ
「こんな女と暮らしてみたい 最終版」 KKロングセラーズ 2011年8月 エッセイ
「猫はときどき旅に出る」 集英社 2013年2月 小説
「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」 幻冬舎 2016年1月 小説
「投資家の父より息子への13の遺言」 電波社 2016年4月
「さすらいの皇帝ペンギン」 集英社 2017年3月 小説
「がんを忘れたら、「余命」が延びました!」 ビジネス社 2017年6月 近藤誠、高橋三千綱 (著)



■文庫
タイトル 出版社 発行年月 備考
「シスコで語ろう」 角川書店 1978年12月
「退屈しのぎ」 講談社 1978年12月
「九月の空」 角川書店 1979年5月
「さすらいの甲子園」 角川書店 1979年7月
「対岸の祝日」 角川書店 1980年5月 「グッドラック」を改題したもの
「彼の初恋」 講談社 1980年6月
「怒れど犬」 講談社 1981年5月
「さすらいのニセギャンブラー」 角川書店 1981年6月
「葡萄畑」 新潮社 1981年8月
「天使を誘惑」 新潮社 1982年2月
「こんな女と暮らしてみたい」 角川書店 1983年9月
「真夜中のボクサー」 角川書店 1983年10月
「真夜中のボクサー」 角川書店 1983年10月 映画シナリオ
「よろしく愛して」 集英社 1984年7月
「いつの日か驢馬に乗って」 講談社 1984年9月
「我らが仲間」 集英社 1985年1月
「ハローマイラブ」 角川書店 1985年4月
「南極でオンザロック」 角川書店 1985年6月
「BY THE WAY」 新潮社 1985年6月
「女のいない国」 新潮社 1986年6月
「ブル」 講談社 1988年1月
「新こんな女と暮らしてみたい」 角川書店 1988年6月
「カムバック」 新潮社 1988年6月
「朝はひとりが一番いい」 講談社 1989年2月
「まち子の夜景」 講談社 1989年12月
「あの時好きだと言えなかったオレ」 角川書店 1990年5月
「掠奪の初夏」 新潮社 1990年5月
「挑戦の世代」 講談社 1992年1月
「高橋三千綱発・東京通信」 集英社 1992年3月
「霊能者」 角川書店 1993年4月
「坂道を越えた国」 文藝春秋 1994年5月
「涙」 講談社 1994年5月 「オンザティ」を改題したもの
「雪のドレス」 光文社 1994年11月
「花言葉」 集英社 1994年12月
「平成のさぶらい」 講談社 1996年5月
「少年期」 -九月の空その後 集英社 1996年9月
「不良と呼ばれた夏」 祥伝社 1996年12月
「卒業」 集英社 1997年2月
「われ本日ゴルフに開眼す」 幻冬舎 1997年6月
「悲しみ君、さよなら」 角川書店 1997年7月 スニーカー文庫
「我が魂はフェアウェイの彼方にあり」 幻冬舎 1998年10月 「風の誘い」を改題したもの
「九番目の女」 角川書店 1998年11月
「君のために死ねる」こんな女と暮らしてみたい PART3 角川書店 1999年9月 「こんな女と暮らしてみたい PART3」を改題したもの
「剣聖一心斎」 文藝春秋 2002年8月
「エクスタシィ」 双葉社 2003年10月 「彼女の感じ方」を改題したもの
「お江戸は爽快」-右京之助太刀始末(1) 双葉社 2004年5月 「平成のさぶらい」を改題したもの
「暗闇一心斎」 文藝春秋 2004年7月
「お江戸の若様」-右京之助太刀始末(2) 双葉社 2004年8月
「フェアウェイの涙」 双葉社  2005年10月 「涙」を改題したもの
「霊感淑女」 集英社 2005年11月
「お江戸の用心棒」上巻・下巻
 -右京之助太刀始末(3)(4)
双葉社 2007年2月
「空の剣 -男谷精一郎の孤独」 集英社 2007年11月
「あの人が来る夜」 光文社 2008年6月
「黄金の鯉 -大江戸剣聖一心斎(1)」 双葉社 2013年9月 「剣聖一心斎」改題したもの
「秘術、埋蔵金嗚咽 -大江戸剣聖一心斎(2)」 双葉社 2013年12月 「剣聖一心斎」「暗闇一心斎」改題したもの
「魂を風に泳がせ -大江戸剣聖一心斎(3)」 双葉社 2014年3月 「暗闇一心斎」改題したもの
「明日のブルドッグ」 アジア文化社 2014年7月 自費出版
「きみと出会えたから」 PHP研究所 2015年11月 「愛犬幸福論」改題(34人が綴る愛犬との日々。エッセイ集)
「お江戸の姫君」-右京之助太刀始末(5) 双葉社 2015年12月 書き下ろし
「お江戸の信長」-右京之助太刀始末(6) 双葉社 2016年12月 書き下ろし



■新書
タイトル 出版社 発行年月 備考
「今日から目覚める文章術」 KKロングセラーズ 2005年10月 書き下ろし
「我が人生にゴルフあり -本日、ベスト8になる」 学研 2008年3月 パーゴルフ新書